• 学生時代私の家にはパソコンはありませんでした、なので扱うことが苦手だった。
    中学高校と授業で扱う時間がありました。
    ですが、基本的なことはわかっているという前提で授業が進み、いじったことがない私は授業に置いてきぼりにされていました。
    一応先生に聞いたりもしましたが、そもそも基礎がわかっていないので理解することができません。
    そのまま、学生を卒業する時には苦手意識がついていました。
    しかし、最近はパソコンを扱ってする仕事がほとんどです。
    私は就職のためにその勉強をすることを始めました。
    とりあえず本体などの道具をそろえ、本屋で専門の本を買ってみたものの理解することができず苦戦していました。
    そんな中、見かねた母親がパソコンスクールのパンフレットを取り寄せており、「行ってみたら?」と勧められ通うことにしました。
    正直、人から教えてもらうのは学生時代良い思い出がなかったので不安でした。
    そして、実際に行ってみると「もっと早く行ってれば良かった」と思いました。
    基本的なことから丁寧に教えてくれます。
    文字を打つこともままならい状態でしたが私にあったペースで授業を進めてもらえ助かりました。
    またなかなか覚えることができないことを何回も聞いても嫌な顔一つせず、真剣に教えていただきました。
    授業を受けているうちに苦手意識もすっかりなくなりました。
    ここを卒業する頃には、エクセルやワードも扱えるようになり就職先でも大変重宝しています。
    勇気を出してスクールに通って良かったと思います。