• 女性の体はとてもデリケートに出来ており、妊娠しようと思ったタイミングで簡単に妊娠するわけではありません。
    また社会進出が進んでおり、今は子供が要らないけれど将来的には欲しいと思っている人もいます。
    また病気の治療によって不妊となる女性もいます。
    この様に、不妊には様々な形が有り、その状態によって社会性不妊や医原性不妊と呼ばれる場合があるのです。
    不妊症を改善する方法の一つとして体外受精が有ります。
    妊娠は基本的に卵子と精子が出会わなければ成り立たない為、それを体外で行い、受精卵を子宮に着床させる方法です。
    ただ、この時に利用する卵子の質によってはどうしても妊娠が成り立地にくい場合があります。
    その一つの理由が卵子の老化です。
    卵子は体と同じで徐々に老化して行きます。
    すると細胞内では染色体の分裂が上手くいかなくなってしまい、染色体の数が多かったり少なかったりと言う現象が起きてしまう場合があります。
    こうなってしまうと正常な数の染色体を持っている卵子に比べるとはるかに妊娠し辛い状況となってしまうのです。
    これが高齢になってくると妊娠しにくくなるという理由の一つです。
    卵子凍結は若いうちの卵子を採取し、使いたい時に体外受精を行って妊娠にチャレンジする方法となっています。
    将来の為に予め卵子を採取しておく事が出来るので、この方法は社会的不妊や医原性不妊の問題を解決する事が出来る可能性も有る一つの方法として位置付けられています。