• 女性の多くがPMS(月経前症候群)に悩まされています。
    私も10代後半から生理前の1週間ほど前になると、胸の張りの痛み、頭痛、過食、肌荒れ、鬱状態などが起こり、とても辛い思いをしました。
    そこで色々な解消術を調べ、それらを実行したところ、PMSがとても軽くなったのです・先ず私が始めた方法は。
    生活習慣の見直しです。
    当時大学生で一人暮らしをしていたため、食生活もコンビニや外食が多く、夜もアルバイトや友人と飲みに行き、朝方まで遊んだりすることもありました。
    食事では、玄米や野菜などを中心に取れるように自炊をし、夜もなるべく12時前には寝て睡眠時間をたっぷり取れるようにしました。
    生理前に、カフェインや糖分を取らないようにするだけでも、症状が軽くなったのです。
    また、お風呂にゆっくり浸かり、軽めの運動やストレッチをすることも効果があります。
    それと、婦人科や女性クリニックに行き漢方薬を処方してもらいました。
    漢方薬は、ピルよりも安いので持続しやすく長く続けることができました。
    使用しているとしていないとでは、その差は歴然です。
    20代後半になった今では、10代の頃よりPMSの負担を感じることはなく、生理前も普段と変わらずすごせるようになりました。