• 最近もドライアイにかかる人が増えています。
    特にコンタクトを付ける人には、発症率が高いような気がします。
    ドライアイにかかると、「目が乾く」「眼がゴロゴロする」「眼に違和感がある」「眼が痛い」「目の痛みが取れない」「光や風が眼にしみる」などの不快な症状が発生します。
    ドライアイは、涙の量が少ないために発生します。
    それで外科手術をほどこして涙腺を刺激することで涙の量をふやせるようなことが出来ればいいのですが、まだその手術手法は確立されていません。
    その為、人工的に涙の代替品として点眼液を指すことが主たる治療法に成っています。
    極軽度のドライアイの場合、市販の目薬をまめに差すことで治癒する場合も有ります。
    点眼液に含まれる防腐剤の副作用が出やすい為、ドライアイ用の点眼液では特に、防腐剤を含まないものが多くなっており、それらの点眼液の使用が推奨されます。
    対症療法として人工涙液点眼液が用いられます。
    その成分は①ソフトサンティア点眼液②生理食塩水点③コンドロン1%点眼液が主に成っていてます。
    そして角膜上皮障害が強くなると「眼がかすむ」などの不便な障害が発生してきています。
    少し早目に目薬をさすことにより、痛みを伴うドライアイをこうしてやっつけましょう。