• 我々が最も身近に海外投資されるのは、外国の為替を投資することになります。
    FXと呼ばれる投資スタイルは、業者が銀行との仲立ちをすることによって、個人投資家が増える一途をたどっています。
    しかし、海外の事情について疎い日本人にとってFXは、単なる為替の動向に注目される要素として次第に捉え、本質を見失った投資スタイルに走りがちと聞かれています。
    せっかく海外投資に目を向けるなら、良質でやりがいのある情報に耳を傾けるのが得策と言えるのではないでしょうか?
    マリモ海外不動産投資では、アジアの不動産を請け負うデベロッパーとして、個人投資家に提案しています。
    中でも、フィリピンは東南アジアにおいて最も需要がある国で、マンション(コンドミニアム)投資が期待できる場として注目視されています。
    その理由は、首都圏のインフラ整備計画が進行していることにあり、各国からの企業進出を推奨している背景も鑑みて、長期的な高度経済成長が見込める点です。
    不動産投資に至っては、近年の外国資本の誘致を考慮に入れても低価格で、しかも資産価値の高い不動産を所有するチャンスが得られます。
    これらのメリットから、マリモ海外不動産投資ではフィリピンのマンションを投機目的で購入されることを、つよく勧められているのです。