• 悪性活性酵素の発生を抑え、体のアンチエイジング効果があると言われている水素水ですが、近年様々な症状を改善する効果があることが分かってきました。
    その中で一番関心が引かれたのが、二日酔いへの効果です。
    二日酔いに効くという食べ物は今までにもいろいろと取り上げられていました。
    シジミの味噌汁やトマト、はちみつなどがその一例です。
    今回そのなかに新たに水素水というものが加わりました。
    そもそも二日酔いで頭が痛くなったり気持ち悪さが続いたりするのは、結局のところ体内の水分不足と悪性活性酵素が原因だと言われています。
    アルコールを多量接収すると、もちろん体はアルコールを分解しようとするのですが、その時に体内の水分が大量に使われ水分不足の状態になります。
    さらに、アルコール分解時に発生される物質が引き金となって活性酵素が大量発生しそれらは最終的に悪性活性酵素へと変化します体を酸化させます。
    少し飲みすぎてしまった後、より快適に過ごすために重要なのは頭痛や吐き気が生じる前に十分に水分補給することです。
    さらに、活性酵素が悪性に変わる前に除去することも必要です。
    これらの現象を一度に解決できるものというのが、水分補給と活性酵素の鎮静を同時に実現できる水素水なのです。
    飲んだ帰りにドラッグストアで一本買って帰るという習慣をつけてみるのもいいと思います。