• 医療関係者と違って、エステティシャンが行なうエステの施術は、基本的に美容目的ということで行なわれるわけでして、美容目的であるがゆえにかなりの需要があるということになりますから、エステティシャンの求人というものは、常に一定程度の数があると言われています。
    そして、エステティシャンの求人に応募して合格したらプロとしてやっていくために必要不可欠になる応用力というものは、お客さんが口で言っている目的以上に何をさらに求めているのかということを察知する洞察力がその一つとなるということではないかと私は考えます。
    美容目的の場合、お客さんは遠慮せずに要望をエステティシャンにぶつけてきますので、しっかりとそれに細やかに対応しながら、洞察力を発揮して、プロとしてのエステ施術をするということが、プロとしてやっていくためには不可欠なことなのだと思います。